78092d2658181f8ee80ac606abbe2fc9_m

脱毛はメンズにも人気!

メンズエステで脱毛の施術を受ける男性が増加傾向にあり、男性用のメンズエステが各地に出店するようになりました。

一昔前は、脱毛をする男性なんてまったく聞いたこともありませんでしたが、最近では、よく耳にするようになり、メンズ脱毛は広がりつつあります。

男性用の脱毛サロンは地方の都市ではまだ珍しいかもしれませんが、東京などでは人気のサロンが増えつつあります。

男性向けの脱毛サロンのコマーシャルや広告も数多く目にしますし、TVやメンズ雑誌でメンズ脱毛を扱っている記事を読むことが多くなったと感じている男性も少なくないでしょう。

男性でも、メンズコスメでお肌のお手入れに気をつかい、脱毛ケアもするものという価値観が、世間に広まりつつあります。

一昔前は女性でさえ、脱毛サロンに行くことはありませんでしたが、光脱毛のサロンが増え、痛くない脱毛ができるようになって、美容室に通うように女性も脱毛サロンに行くようになりました。 まずは女性の間で脱毛が広がり、それが、ムダ毛を気にする男性の間に広まって行ったようです。

競輪選手や、水泳選手は、脱毛をして、水や空気の抵抗をすくなくし、タイムを縮めようとする人もいます。 またヨーロッパなどでは、体操選手でもワキ毛の処理をするようですよ。

そういう立場にいない男性にとっては脱毛とは無関係でした。

しかし、あまりに体毛の濃い男性は女性にとっても見苦しく、印象を悪くしてしまいがち…

胸毛がもじゃもじゃ、お腹周りまで体毛がすごい、すね毛の毛がからまっている、では女性もひいてしまいます。

彼女が脱毛しているのをみて、話を聞き、自分も脱毛サロンに通い始めるという男性もいるようですよ。脱毛をしている男性は、身だしなみがきちんとしており、イメージもアップ、若々しい印象を与えるようです。

とくにヒゲなどは、第一印象にも影響を与えるもの…

仕事柄人と会う機会が多い人にも脱毛は必要不可欠になってきているようです。

また、脱毛をすることで清潔感のある外見になりたいというだけでなく、ヒゲ剃り負けなどの肌荒れ対策、朝の時短効果などを求めて、ヒゲ脱毛をする男性も増えています。

女性も男性も人によく思われたいという心情は同じもの。

脱毛は、イメージアップにとても効果的で、これからもメンズ、レディースともに脱毛サロンは美容室に行くように普通のことになるでしょう。

全身脱毛も男性にも流行りつつありますね。みんながきれいになっていくことは、すばらしいことです!

全身脱毛 五反田でおすすめサロン!

m010359

光脱毛で痛みの少ない脱毛が人気!

医療脱毛が人気ですが、それにも負けずにエステサロンでの光脱毛も人気です。

エステで光脱毛施術を受ける光脱毛について説明します。

体毛の再生を抑える光をお肌に照射することによって、脱毛処理をするのが光脱毛です。

お肌にダメージを与えずに脱毛をすることを”売り”にして、脱毛技術を訓練した脱毛士さんが、スピーディに脱毛をしていきます

光脱毛で脱毛をする人は、レーザーで脱毛をする人より増加しているといいます。

その脱毛サロンによって、光脱毛の呼び方は違いますが、だいたい体毛を押さえていく理屈は同じです。他サロンとの差別化のため、顧客を集めるために、脱毛の名前を変えているようです。

日本人の肌にあわせて開発された専用のフィルターを使い、脱毛に効果的な波長のある光だけを肌にあて、体毛の再生を抑制していくことはどのサロンでも同じこと。

毛根にあるメラニン色素に影響を及ぼすことは、光脱毛も医療脱毛も結局は同じことです。

新たな毛を再生させるために必要な組織を、メラニンに吸収された光の熱が壊してしまうことで、医療脱毛と光脱毛の違いは、その出力の差にあるといえます。

火傷などの危険性から、エステサロンではある程度抑えられた出力の光しかだせません。医療クリニックでのみ許可された医療レーザーは、脱毛サロンのものより強く、脱毛効果も早く、脱毛がスピーディに完了するというメリットがあります。

しかし、出力が強いことは、結局痛みもそれだけ強くなるというデメリットがあり、脱毛サロンの光脱毛の痛みが弱いというメリットが人気の的になっているのかもしれません。

出力が弱くても、最近の脱毛機器は、開発され、お肌に優しく脱毛をすすめていくことができます。

お肌の弱い方には、脱毛サロンの光脱毛がぴったりのようです。お値段的にも、光脱毛は体験コースなどで安く脱毛を実際に受けてみることができるので、脱毛初めての方は、脱毛サロンをまずは覗いてみるといいのかもしれませんね。

全身脱毛で人気の脱毛ラボとシースリーも、どんどん店舗数を増やして勢いのある脱毛サロンです。 丁寧な施術と、脱毛効果で満足度の高い脱毛サロンです。

医療脱毛するときの注意点

医療レーザー脱毛で脱毛をするときに気をつけるべきことをあげてみます。

どこのクリニックでも、最初に通院するときには、十分な脱毛に関するカウンセリングを受けます。その時にわからないことは、きちんと質問に、脱毛について理解した上で、脱毛をはじめるようにします。

脱毛の効果を最大限に発揮させるためには、気をつけなければならないことがあるからです。

医療脱毛はムダ毛の再生を抑え、脱毛効果だけでなく、美容上もお肌をきれいにする効果があります。

医療脱毛だけでなくエステサロンの光脱毛においてもいえることですが、日焼けは厳禁です。脱毛は、黒い色に反応するレーザーを利用しているため、肌を紫外線で焼いた状態で肌が黒くなっていると、熱が肌にも集中してしまい火傷の原因になるからです。

ほくろやしみのある部分も、レーザーでの脱毛はできません。

カウンセリングで言われると思いますが、医療脱毛を行う2,3日前から毛抜きでムダ毛を抜くことはNGです。

毛抜きで無駄毛を抜くと、毛根ごと抜けてしまい、毛根がなくるとレーザーの熱が集らず、毛の再生工場ともいえる毛母細胞を壊すことができなくなります。レーザーが反応する毛根を残す必要があるので、シェーバーやカミソリなどで事前のシェービングは行います。

脱毛を初めてから「こんなはずじゃなかった」という状況にならないように、事前に、確認したいこと、はっきりさせたいことはカウンセリングで聞く、医師に聞くなどして解決しておくべきです。

スキンチェックやテスト脱毛を事前にしておくことで、痛みはどうか、照射後の肌の状態はどうかなどを確認して、問題なくレーザーでの脱毛施術を受けられるかがわかります。

一番大事なことは、自分の納得のいくクリニック、信用のおける医療クリニックで脱毛をお願いすることです。

料金のこと、何かあったときの対応の仕方、途中での解約の仕方など、きちんと調べておくことをおすすめします。

医療脱毛ってどうやって脱毛できるの?

医療脱毛って、どうやって脱毛できるのか調べてみました。

医療脱毛は、特殊なレーザーの性質を利用して体毛を処理する優れた方法です。

レーザー光で、ムダ毛の脱毛をすることができるのかというと、医療用レーザーは、黒い色に反応する性質を利用しています。

皮膚の毛根には毛母細胞という新しい体毛を作る部分があります。

ここにレーザーの熱が集まり毛母細胞を破壊することで、ムダ毛の再生を抑え、生えてこなくなります。メラニン色素の黒い部分にのみ反応して熱が集まっているので、メラニン色素のない部分はレーザーを当ててもなんの反応は起こらず、熱くならないので火傷をするなどということはないのです。

レーザーを照射した時だけ、メラニン色素の部分が熱くなりますが、範囲が広いのですぐ放熱されてしまいます。

気をつけることは、医療脱毛のレーザーは黒い光に反応するため、皮膚上の色素沈着がある乳首や肛門周辺、あざやほくろのある部分には照射することができません。

レーザー治療ができるかどうかは、クリニックで事前にスキンチェックを行います。

レーザー脱毛のデメリットとして、産毛や白髪など色の黒くないムダ毛にはレーザーの熱が集まらないため、レーザー脱毛の効果が期待できません。産毛などに効果を発揮させるには、出力を火傷をしない範囲で強くする、回数を多く照射するなどの治療を行います。

医療技術は年々進んでおり、産毛にも強い脱毛機器が開発されていますから、今後の技術開発によってはさらに産毛にもよりいっそう効果を発する医療脱毛が登場するでしょう。

背中の産毛に強い医療レーザー脱毛は、エステサロンの光脱毛よりも、回数が少なく脱毛ができるといわれています。

永久脱毛の技術は優れたものになりつつありますが、人間の体毛はすぐにまた生えてくる性質があり、きちんと毛母細胞破壊しなければ、何年後かに再生してしまいます。

施術者の技術で、部位によって必要な強さのレーザーを照射することが求められています。 レーザーの出力を上げて肌に照射すれば、体毛を処理する効果は強くなりますが、皮膚の方まで火傷などの危険性が生じます。

優れた医療用脱毛機器と訓練された技術力で、適切な出力と照射時間で脱毛が行われており、医療脱毛は安心して受けられるレーザー脱毛であると言えます。

 

医療脱毛とは

医療脱毛について調べてみました。

ムダ毛の処理には、カミソリで剃ったり、電動カミソリでの処理、除毛クリーム、ワックスなどいろいろと方法がありますが、こういう自己処理は肌トラブルを起こす原因にもなりますし、日々気を使っていなければならず、とても手間がかかるものです。

肌にとっての負担を考えた場合、自宅で自分で頻繁にムダ毛の処理をするということはあまりいい方法とは言えないと思う方も多いと思います。

エステサロンの格安脱毛コースを利用するという方も多いようですが、美容クリニックや医療機関で行うレーザーを用いた医療レーザー脱毛もお勧めです。

医療レーザー脱毛とは、メラニン色素のような黒い色に反応し、熱を伝えるレーザーを毛根に照射することで、毛根にダメージを与え、体毛の再生を防ぐという方法です。

医療脱毛は、脱毛効果がエステサロンなどの光脱毛より高いこと、広範囲を短時間で処理できるというメリットがありますが、そのほかにも美容上のすばらしい点をも兼ね備えているのがとてもうれしいことです。

というのも、レーザーをあてることで、毛穴を引き締め、ツヤツヤな肌になり、スキンケアという点でも効果を発揮します。

医療脱毛とエステでの光脱毛の違いは、扱えるレーザーの出力の差です。医療現場で使える脱毛機器は、医師にのみ使用を許可されている出力の強いものですので、脱毛効果の差がまったく違うのです。

美肌を求めてムダ毛ケアを行う場合はエステの方がいいと言う人もいますが、医療脱毛は皮膚科の治療行為として脱毛ができるので、皮膚に照射するレーザー出力が強く、一度にあてる照射範囲が広いことが特徴なので脱毛もストレスなく行うことができ、肌の健康にも医療的な観点からみることができます。

万が一、施術によって思わぬ症状が肌に起きてしまった時でも、医療脱毛であればその場で薬を処方する、必要な処置をとるなど即時に対応をすることができます。

脱毛は病気ではありませんから、全額自己負担で医療脱毛を受けるケースがほとんど。医療脱毛は、エステより格段に多くの費用がかかりますが、最近はエステサロンと同じぐらいの低価格で脱毛を行うクリニックも増えてきているようです。

支払い方法も脱毛サロンと同じく、月額制という方法があるクリニックもあるので、脱毛をはじめやすくなっているようです。

シースリーとキレイモどちらがいい?

脱毛の方法

中学生の頃に毛深いと気づいて以来、ずっと悩み続けていました。

まだお金もなかったし、親にもいえなかったので、お小遣いで除毛クリームを買う程度でした。

でも、もう社会人になり、自分で稼いだお金を脱毛に使おうと思います。

脱毛の方法はどんなのがあるかいろいろと調べてみました。

よく電車の中の広告でみかける脱毛サロンでの脱毛と、皮膚科などの病院で行う医療脱毛があるようです。

脱毛サロンの脱毛は、本当に安い!ワキ脱毛が100円で、納得がいくまで通えるとか…

勧誘がないと言っていますが、実際はどうなんでしょうか?

医療脱毛は、病院でする脱毛なので、安心だと思います。

肌に直接働きかけて行う脱毛ですから、皮膚の弱い人には、ちょっと心配ですよね。

皮膚といっても、日本人だってお肌の色は人それぞれ違いますし、皮膚上には、ほくろ、あざ、そばかす、シミ、にきびなどいろいろなものがあるでしょう。

そこに同じように光をあてていくのではなく、訓練をうけた脱毛士さんが照射するにしても、何がおこるかわかりません。

私は、医療脱毛のほうが安心かと思い、医療脱毛について調べてみましたが、料金もそれなりに脱毛サロンよりは高いようです。

もちろん、病気ではないので、健康保険は利きません。それぞれのクリニックによって、使用している脱毛機器も違いますし、料金も変わってきます。

脱毛サロンにしても、医療脱毛にしても、無料でカウンセリングをしてくれる場合が多いようです。

脱毛に関する知識をていねいに説明してくれるようですし、中には、数回テスト照射をしてくれて、脱毛するとはどういうことかを実際に体験できるところもあります。

医療脱毛や脱毛サロンでの光脱毛について、調べたことを掲載していこうと思います